納骨堂ネット l 納骨堂・お墓・葬儀・永代供養 l 供養の総合情報ポータルサイト

用語についての情報検索コーナー

ここでは、用語についてインターネット上の情報を収集します。
調べたい単語を入力し「検索開始」ボタンを押してください。

単語検索

キーワード:

お墓の未来を考える納骨堂。愛墓納骨堂ネットワークの無料改葬付納骨堂で、安心・安らぎの供養。

「供養」についてフリー百科事典ウィキぺディアで調べる

供養

供養(くよう)とは、サンスクリット語のプージャーまたはpūjanā(プージャナー)の訳で、仏、菩薩、天部|諸天などに香・花|華・燈明・飲食などの供物を真心から捧げること。 日本の民間信仰では死者・祖先に対する追善供養のことを特に供養ということが多く、これから派生して仏教と関係なく死者への対応という意味で広く供養と呼ぶこともある。また動物等に対する供養、さらには針供養や人形供養のように生き物でない道具等に対する供養もある。
供養の種類

二種供養

*利供養・・・香・華・飲食など財物を供養すること

*法供養・・・僧が法を説くなど修行して衆生を功徳|利益する供養

三種供養

*利供養

*敬供養(讃嘆恭敬する供養)

*行供養(仏法を行ずる供養)

四事供養

*飲食・衣服・臥具・湯薬

五供養(密教)

*塗香・華・焼香・飲食・灯明

六種供養

*閼伽(あか=水)・塗香・華・焼香・飲食・灯明。

::「閼伽・塗香・華」については全く同一の形状の「六器」により1対3組を、「焼香」は「火舎(香炉)」、「飲食」は「飲食器(おんじきき)」、灯明は油を満たした器にて祀る。

七種供養

::チベット仏教|チベット式。全く同一の形状の「七器」を用いる。「七器」すべてに水を注いで供物の代用とする方法や、灯明のみバターランプ器を用い、残る器に実際に供物を盛る方法がある『実践 チベット入門』,pp.45,46.

*一般的な方法:漱口水・洗足水・華・焼香・灯明・塗香・飯食『実践

チベット入門』,pp.45,46.

*父タントラ:飲食(ニューデནེེ་ཝི་དྱཱ་)・塗香(ゲーンデ་གནྡྷེ་)・灯明(アーローケཨཱ་ལོ་ཀེ་)・焼香(ドゥーペーདྷུ་པེ་)・華(ヒューペーཔུཥྤེ་)・洗足水(パーデムཔཱདྱཾ་)・閼伽(アーガムཨརྒྷཾ་)

*母タントラ:閼伽(アーガムཨརྒྷཾ་)・洗足水(パーデムཔཱདྱཾ་)・華(ヒューペーཔུཥྤེ་)・焼香(ドゥーペーདྷུ་པེ་)・灯明(アーローケཨཱ་ལོ་ཀེ་)・塗香(ゲーンデ་གནྡྷེ་)・飲食(ニューデནེེ་ཝི་དྱཱ་)

八種供養

::七種供養に音楽(シャプタཤཔྟ་)を加えたもの『実践 チベット入門』,p.45.

十種供養

*華・香・瓔珞・抹香・塗香・焼香・繒蓋憧幡(そうがいどうばん)・衣服・妓楽・合掌

などがある。
器物の供養

針供養

鋏供養

鏡供養

写真供養

表札供養

仏壇供養

経典供養

印章供養

人形供養


関連項目

仏壇

法要

*

中陰

*

年忌

祖先崇拝

施餓鬼

永代供養

ペット供養

手元供養

雁風呂|雁供養

源氏供養
脚注

参考文献

フリー百科事典Wikipadiaでこの続きを読む


「供養」に関連する書籍を調べる

AMAZONオンラインショップで、書籍を検索する