納骨堂ネット l 納骨堂・お墓・葬儀・永代供養 l 供養の総合情報ポータルサイト

葬儀のマナー

葬儀のマナー

弔問のマナー

訃報を知り通夜前に自宅などに弔問するときは、先方が取り込み中という事を考えます。お悔やみや故人との対面など、失礼のない様に振る舞いたいものです。

  • 玄関先で遺族に簡潔にお悔やみを述べ、いったん引き取ります。
  • 先方から焼香を勧められたら、焼香をしてすぐに引き取ります。
  • 先方から故人との対面を勧められたら、哀悼の意をこめて対面します。
    (故人と特に親しかったという場合を除いては、勧められない限り遠慮する)
  • 香典は持参せずに、通夜か告別式のときに持参します。
    ただ通夜、告別式に出席できないのなら持参しても構いません。
  • ご家族は亡き故人を想い哀しみに暮れる中、葬儀の準備などで慌ただしく、看病に疲れている事もありますので長居はしないようにします。

通夜、告別式のマナー

  • 遅刻をすると厳粛な雰囲気を乱してしまうので、少し早めに到着します。
  • 基本的には葬儀には子供を連れて行かないのがマナ-です。
    やむをえず連れて行く場合は読経の時間を外しましょう。
  • 受付では簡単にお悔やみを述べます。(例:この度はご愁傷様でございます)
  • あらかじめ席順が決められているときは、案内されるままに席につきます。
    それ以外は一般の席順の通例に沿って判断するとよいでしょう。
  • 遺族と近くに居合わせたときは、簡単にお悔やみを述べます。
    焼香のときは遺族の方を向いて目礼するだけにします。
  • 通夜振る舞いは故人への供養と遺族の感謝の気持ちですから、勧められたら断らずに一口でも箸をつけるのがマナ-です。
    宴会ではないので酔ったり、大声、笑い声はくれぐれも慎み、あまり長居をしないようにします。

故人との対面

  • 故人が安置してある部屋に通されたら、遺族にお悔やみを述べます。
  • 故人の枕元から少し下がって、軽く両手をついて一礼します。
  • 遺族が白布を外したら少し近づき、故人に対面します。
  • 対面後、両手をついて深く一礼します。
  • 『安らかなお顔ですね』などいたわりの言葉を述べるとよいでしょう。
  • こちらから故人の死因などについて聞くのは慎みましょう。

(生活クラブ葬祭サービスより)